読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バタフライ・プロジェクト

入社5年目から考える成長戦略

大概の悩みは早起きで解決する-5時起きにしてよかったこと-

f:id:iringooooo5:20170423154027j:plain

大概の悩みは早起きで解決する-5時起きにしてよかったこと-

この1ヶ月、早起きをしてみて分かったことをレポートします。
結論としては早起きすることで大概のことは解決することができると思います。
 

lrandcom.com

↑始めたのはこちらの記事を読んだ影響を受けたからです。

 
スケジュールは、
 
 
0:00就寝〜7:30起床 → 22時就寝〜5:30起床 
 
 
に変えてみました。
 

実は、睡眠時間は変わっていません。結論を述べれば、夜やっていたことを朝やることにしました。その結果、生産性が格段にあがりました。

 
早起きをするとどんな良いことがあるのか紹介しましょう。
 

1.健康的になった

早起きするようになると健康的になります。当たり前ですが、これが重要です。
春先で気温の変化も激しい中、職場の方は体調を崩していましたが私は体調が崩れる気配は感じませんでした。むしろ、力が滲み出るような気持ちで生活できました。充分な睡眠をとっているからですね。
そして、何よりも頭の回転がよくなりました。
寝不足の状態というのは、体内にアルコールが入っていて酔っている状態と同じという研究結果がでています。仕事中に眠気を感じた時点で、酔っ払って仕事しているのと同じなのです。
酔った状態で質の高い仕事ができるでしょうか?
さらに、頭の回転がよいからこそ迷いがなく即断即決が可能になります。
 
加えて、ストレスが緩和された状態で朝を迎えるので悩み事が消えます。体調が悪いとどうしてもネガティブに物事を考えてしまいます。そんな経験はないでしょうか。そもそも体が元気であればハツラツとしていられるため、落ち込みにくく、ある程度の悩みは思考がはっきりした状態で向き合えるため解決でき、ストレスから開放されポジティブに日々を送れるようになります。
 

2.労働時間が減った

頭の回転がよくなると当然、仕事の処理能力が上がります。物事を即断即決で進められるようになったため、仕事が速く終わるようになりました。
そして、何よりも仕事終わりの飲み会を避けることができるようになりました。
遅くまで仕事をしていると家に帰って料理することが面倒くさいから、飲んで帰ろうという誘いが飛んできます。そうでなくとも疲労した脳が体に悪いものを欲しがってしまうのです。意志力を失った状態というのは、当人が欲していないことを欲しがる状態にしてしまいます。(1)
仕事が速く終わるので当然、早く帰れます。すると誘いを回避できます。
家に帰ってから、恋愛プレイヤーはナンパしに行ってもいいと思いますし副業にも専念できます。
また、誰にも邪魔されることのない朝の時間を使って仕事ができるようになります。その手段をもっていれば最悪、早く来てやればいいやと緊急の仕事だけを終わらせて帰ることもアリだと考えることができるようになります。
 

3.時間ができるようになった

健康的になり、仕事が速く終わるので時間を作れるようになりました。
自分の時間が作れるようになったので、自己投資に回せるようになってきました。
ここまでくると、仕事だけの人生から開放されていることに気づきました。
時間があれば、好きなことをやる時間が増えるということです。
できた時間で何をやるかは当人次第ですが、私は朝活をしています。
 
私の朝のルーティンを紹介しましょう。
5:30に起床し顔を洗って完全無欠コーヒーを作ります。(2)
5:45にテレビ東京のモーニングサテライトを見ながら、金融中心の情報を取り入れつつTwitterを確認します。
ニュースとSNSを確認し終えると自己投資にブログを書いたり読書をしたりして出勤までの時間を使います。
 

4.早起きが習慣になった

早起きをする生活を続けていると習慣になります。
この習慣がミソなのですが、たまに夜更かししてもいつも起きている時間に起きるようになります。
さらに休日も同じ時間に目が覚めてしまいます。
当然、寝不足でありますが午前中に頭が死んだ状態になるよりは時間を使えるため有効です。
土曜日に昼頃に起床したら一日なんてあっという間に終わったという経験は、誰しも感じたことがあるのではないでしょうか?
それよりも土曜日に6時起きしてみてください。休日がものすごく長く感じると思いますよ。休日を少しでも楽しみたいと思うなら早起きはオススメです。
 
ところで、早起きをしたいと考えているけどできないという方にワンポイントアドバイスをします。
それは、22時前に寝てください。これだけでいいです。
というのも、アプリで睡眠統計をとっているのですが、22時に寝た7時間半と23時に寝た7時間半では睡眠の質が異なります。後者はしっかり寝たはずなのにぼんやりしてしまいます。
科学的な根拠は、22時から2時の間に成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンが体を修復しアップデートをしてくれます。つまり、この時間帯に寝なければ睡眠をとってもあまり効果的ではないといえるでしょう(3)
仕事から帰ってきたら、スーツを脱ぎ捨ててそのままシャワー浴びて布団に入ってください。夜ご飯は食べ過ぎると太るので適当にすませて朝にしっかり食べましょう。
早起きをすることで、今の悩みの大概は解決できると思いますので是非取り組んではいかがでしょうか。
 
 
最後に、番外編
 

5.朝活を人(女の子)に伝えよう

 
実は仕事の悩みでヒステリックになっていた女性に朝活を勧めたところ、私と同じように全てのことがうまくいくようになりました。このことで更に信頼を得ることが出来ました。
早起きは現代の社会に活きる我々のソリューションなのだと気づかされました。
 
そして、早起きを大切な人に勧めるのにはもう一つの利点があることに気づいてしまいました。
 
ーーそれは、浮気がバレにくくなる。
 
早起き生活が染み付いていると夜更かしという選択はしなくなります。よって、22時には寝るようになります。当然、相手からしても意識高く朝活に取り組んでいるのだからもう寝ているだろうと安心して連絡をよこさなくなります。
浮気中に突然、電話したいという申し出があっても困りますよね?(ゲス)
22時前には寝る彼氏ということにしておけば急な対応を迫られることは少ないでしょう。
 
最後に、この記事を書くにあたって参考にした本を紹介します。
朝活、共に頑張りましょう!
 
(1)スタンフォードのストレスを力に変える教科書
スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

 

 (2)シリコンバレー式 自分を変える最強の食事 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

 (3)SLEEP 最高の脳と体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術