読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バタフライ・プロジェクト

入社5年目から考える成長戦略

UBERは日本で流行るのか?ーシェアリングの可能性ー

こんばんわ

眠いです。眠いけど書きます。

 

東京は誘惑でいっぱいです。いっぱいすぎて終電なんて決めないで疲れ果てるまで遊びたいです。

クラブ行きたいです!

そう思った時にタクシーという便利なものが都内を走り回っています。

ただタクシーは高いです。

その時、できる選択肢は

①タクシー代なんて気にならないくらいに稼ぐ

②タクシーを安く乗れるように考える

③徒歩圏内に引っ越しする

④諦める

 

となります。①を考えたのですがすぐには実行できない。年功序列形の賃金ではかないそうにない。今は、遊ぶための資金作りとしても複業を考えております。

③引っ越しをすることはかなり現実的です。ただ私の場合は会社に負担してもらっている分が大きく引っ越しをしてしまうと金銭的なダメージを受けてしまう。やるとしてもホテルで一泊することを考えければならない。

 

そして、②について考えてみた。

日本ではなかなか整備がすすまないUBERという素晴らしいテクノロジーはいかがなものなのだろうかと思いさっそく使ってみました。

現在地からアプリを使って車を呼ぶだけ。数分後に車がやってきます。

至ってシンプル。

ただ料金が高い。

タクシーよりも高いんです・・・。これじゃあ、使えない。

それから良い方法を考えてみると相乗りということを思いつきました。

シェアライド?ですかね。

最近はシェアリングエコノミーと呼ばれており、タクシーの相乗りをやっちゃえば安くてすむ

なんて合理的かつ規制にひっかからないやりかた!

しかも、そんなアプリがありました!

日本ではタクシー業が盛んなためUBERは流行らないかもしれませんがシェアリングは流行りそうだなと感じました