ライフスタイル

一人暮らし歴12年がオススメする。マンションの選び方と外せない三種の神器

【一人暮らし歴12年がオススメする。マンションの選び方と外せない三種の神器】

初めての一人暮らしなんだけど、部屋選びはどうしたらいいのかさっぱりわからないわ……
「部屋選びはこだわりたいよね。マンションにある設備から見ていこう」

マンション選びでこれがあったらいいなというものを紹介します。
ちなみに、私は一人暮らし歴12年なのでベテランであるという自負があります。

初めての一人暮らしでこだわる点は多いと思いますが、これがあったら便利だよというものを教えたいと思います。
ちなみにタワーマンションには住んだことがないので、庶民的な意見になることはあしからず。

Amazonの受け取りは宅配ボックスでOK

宅配ボックスとは荷物が届いた際に入れておいてくれる箱のことです。
ちょうど写真のようなものです。

ヤマト運輸などの配送業者が不在連絡票とともに宅配ボックスのパスワードを記入して郵便受けに入れてくれます。
そのパスワードを宅配ボックスに入力すると開けることができ、荷物を受け取ることができます。
宅配ボックスの利点は何と言っても不在時に勝手に荷物を置いていってくれるところです・
家にいなくても荷物を受け取れるため、時間に縛られなくていいですね。

梅雨や冬季も乾燥は浴室乾燥機で無問題

浴室乾燥機とは浴室内に温風を出す機械があり、洗濯物を乾かしてくれる機能です。

これのいいところは何と言っても乾燥機が家にあるというところです。
洗濯物を溜め込んでいて明日着るものがない、という状況でも浴室乾燥機なら寝る前に干しておけば乾きます。

梅雨時期や冬季は乾燥しないですよね〜。
部屋干しすると乾きが悪くてちょっと臭うなんてことも……。

また、都心に住んでいると空気の汚れで洗濯物が汚れてしまうことがあります。
実際に外干しをしていたら白い T シャツが薄汚れたなんてことも……。

浴室乾燥機は必需品といっても過言ではないでしょう。

オシュレット

オシュレットはご存知の方も多いと思いますので割愛します。
あるとないとでは全然違いますよね。

恥ずかしながらお尻がデリケートなため重宝しております……(笑)

それ以外に気をつけたほうが良いところ

その物件、新しいエアコンついていますか??

部屋決めの際に家を見る機会があると思います。
その際にチェックしたいのがエアコンは新しいかどうかです。
なるべく新しいものがついている物件を選びましょう。

というのも新築時からエアコンを変えていない場合、
かなり古いエアコンの機種が取り付けられています。
当然10年前のエアコンより最新の機種の方が、省エネ機能で電気代が安くなります。

夏は冷房を毎日つけていたら、電気代で5000円は軽く超えてしまいます。
家にある電気代を使うものはエアコンが大半と言っていいので、
なるべく新しい機種を選びましょう。

セパレートかつ独立洗面台

セパレートであることや独立洗面台があることは個人の好みなのであるといいと思います。

壁が薄い部屋は最悪。生きた心地がないので厚みにこだわろう

最も大切にしたいのは壁の厚みです! と言いたいほどに大事。
こればっかりは住んでみないとわからないことではありますが、
壁が薄い部屋は隣の住民の方に迷惑をかけるだけでなく、住み心地が悪いです。

夜中に電話をしていたら隣の住人から壁を蹴られる経験なんてしたくないですよね……。
家を選ぶ際は鉄筋コンクリートをの物件を選ぶと良いと思います。
木造の物件はお金に余裕があるのであれば避けた方が良いでしょう。

マンションの立地にこだわる

なるべく会社の近くに住みましょう。
東京に住んでいると通勤で往復3時間かかっているという人は結構います。
家賃の問題があるのでしょうが、通勤の時間と体力面できついと思います。
家族の事情もあると思いますが、なるべく近いところに住むようにしましょう。

独身であれば高くともオススメします。
空いた時間を自己投資や副業に割けばいいだけの話です。

家周辺にあるとよいお店の三種の神器

1.スーパーコンビニ
2.ユニクロ
3.ドラッグストア

これらは家と駅の間にある物件がおすすめです。
コンビニは家から近いととても便利です。
週末にちょっとしたものを買いに行く時に、時間を使っていてはもったいないです。
ちょっとした用事は全てコンビニで満たせる時代なので家に近い方がいいと思いますよ。

ユニクロとドラッグストアは駅の近くにあると良いですね。
何かの買い物ついでや会社帰りに立ち寄ってお買い物ができます。
服と日用品は目で見て選ばないといけないので、立ち寄れる範囲内にあることがいいですよね。

【まとめ】

マンションにあるといいなーと思うものを紹介しました。
家賃の予算で厳しいことは多いと思いますが、長く住む部屋なので妥協せずに選びましょう!!
引っ越しシーズンの1〜4月は良い物件からなくなっていくので、
卒業間近の学生さんや転勤が決まった段階で、探すようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
あと、twitterもやっているので是非登録してください。

【オススメ記事・サイト紹介】