ライフスタイル

1文字でも楽に変換して早く家に帰ろう。グーグル日本語入力で単語登録の方法を紹介。

使う単語はどんどん単語登録していこう

「単語登録って何? 機能すら知らない」
「知ってるけど、どう使ったら良いかわからない」

という方に向けた記事になります。

この記事を読めば、日頃の残業時間を確実に減らせると思います!
今回は、私が愛用しているグーグル日本語入力を使って紹介します。

グーグル日本語入力って何??

まずは、グーグル日本語入力の紹介しましょう!
皆さん、グーグル日本語入力って知ってますか?
使っている方は飛ばしてください。

知らない方は、切り替えましょう!

グーグル日本語入力とは、文字入力するソフトウェアです。
有名なところでは、WindowsのIME、Macの標準搭載の日本語入力、ATOKがあります。
どんなソフトかというと、漢字の変換などをしているソフトになります。
(これをインプットメソッドといいます。略してIME)

「そんなのどこ使っても一緒でしょ?」

と思われるかもしれませんが、漢字変換でお目当ての漢字が出てこないとイライラしますよね?
ソフトによって優秀さが違うため、こだわる人は日本語に強い有料のATOKを使用されている人もいるくらいです。
そんな中、グーグル日本語入力を使用すると良い点を紹介します。

① 便利な補完機能

よく使うフレーズは Google 日本語入力が覚えてくれるので、最初の数文字を打てば自動補完されるようになります。
人前で使うときはシークレットモードに切り替えると学習効果を無効にできます。引用:公式サイト

なんと使えば使うほど、よく使う単語を自動で覚えてくれます。
愛用しておりますが、前に使った単語はスムーズにでてきますので気持ちいいですね。

② 常にアップデートされる豊富な語彙

Web で使われている膨大な用語から辞書を作成しました。
珍しい人名や地名、難しい専門用語から、流行の顔文字やお店の名前まで。
辞書は定期的に自動更新され、常に最新の語彙を利用できます。
引用:公式サイト

しかも、自動でアップデートされる。無料なのに!!
ATOKは有料のため語彙力は豊富ですが、アップデートはされません。

グーグル日本語入力、は最近の言葉にも強い。
驚いたのはアニメのキャラ(最近放映されている)にも対応していた点。
適当に「まじまんじ」を変換したら、「マジ卍」と変換されました。
すごすぎです!!

意識していなかった人は、すぐにグーグル日本語入力へ変えましょう!!
下記のURLからダウンロードしてインストールしてください。

外部リンク:グーグル日本語入力

さて、単語登録の話に戻りましょう。

単語登録って何?

単語登録とは、IMEのソフトに自分で考えた変換を覚えさせる機能です。
例えば、『マジ卍』という言葉は、広辞苑にのっていない若者言葉です。
そのためIMEに変換をお願いしても、変換されません。

なので、変換の際は、

「マジ」と打ったあとに
「卍」という記号を探してこなければなりません。

それを「まじま」と打つだけでマジ卍と表示するようにソフトへ指示することができる機能です。

単語登録の仕方

今回は、グーグル日本語入力のやり方紹介になります。
Windows、MacのIMEも基本にはやり方が同じです。
※今回はMACでの説明になります。Windowsの場合は、タスクバーに表示されている「あ」と書かれた部分を右クリックしたらでてきます。

↑タスクバーに表示されている『あ』と書いてあるところをクリック。すると単語登録と表示されます。

↑単語が表示したい言葉。よみが変換を楽にさせる言葉になります。

カンタンですよね!!
それでは活用例をみていきましょう!

どんな言葉を登録したらいいの?

単語登録の使い方は、無限大です。
入力する言葉をどんどん登録していきましょう。

単語の例

1.プロフィール系

自分の名前、住所、電話番号、メールアドレスを登録しましょう。
アドレスを使い分けている方は、よみを「アドレス2」と番号順にわけてみてもいいかもしれません。

2.専門用語、ビジネスでよく使う単語

メールや報告書などで文章を作成する機会が多いと思います。
専門用語はIMEに登録されていない可能性が非常に高いです。
それらも登録しちゃいましょう。

さらに、よく使う言葉も登録しておくと楽です。

例えば、
「おせわ」とうつだけで「いつも大変お世話になっております」
と表示させるようにさせるといいと思います。

「いつも大変お世話になっております」といちいち入力する時間と手間がもったいないです。
挨拶の用語は登録してしまいましょう。

加えて、長い社名の名前も登録してもいいかもしれませんね。

3.URLの登録。長い単語などなど

よく使うサイトのURLも保存してしまいましょう。
会社のホームページが代表例です。
わざわざホームページを開いてURLをコピペするより、
「ホムペ」と入力すればURLがでてくるようにしたほうが速いです。

おそらく入力の部類で1番長い単語は、URLになりますが
めったに使わない長い単語も登録してしまいましょう。

4.注意したいこと

いくら便利でもクレジットカードなどの大切な情報は登録してはいけません。
防犯上の問題がありますので気をつけてください。

まとめ

グーグル日本語入力&単語登録の仕方を紹介しました。
もう長ったらしい単語を入力する日々はおさらばしましょう!
そんな文字入力で大切な人生を使っていはもったいないですよ。

さらに、文字入力によって体力を使っていることもお忘れなく。
1文字でもうつことが少なくなれば、肩コリ対策へつながるはずです。

冒頭でも申し上げたとおり、常に「この単語を省略化できないかな……」と考えることが大切です。
よく使う言葉はどんどん登録していきましょう。
URLなどは入力するたびにコピペしにいっている人いないでしょうか??
登録してしまえば一瞬で終わりますので、単語のありかへ行きコピペする時間が削減されます。

文字入力にかかる1秒を減らしていけば、月・年単位でみれば膨大な時間になります。
すぐに効率化をはじめましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
あと、twitterもやっているので是非登録してください。

【オススメ記事】


このサイトでは、時間効率を探求しています。
他にオススメの記事があるので是非、見てみてください。

仕事&生活に役立つ時間短縮の記事まとめ