ライフスタイル

邪魔されない時間帯で仕事をしてライバルに差をつけよう【仕事の効率化】

邪魔されない時間帯で仕事をしてライバルに差をつけよう

※この記事は入社3年目あたりの方に向けた記事です。

普段、仕事をしていて1日の流れを調べてみたことはあるでしょうか??

「まず、1日のスケジュールをたてて、メールチェックして……。」
「9時からお客さんの対応してたら、気づいたら先輩とランチして。それからそれから……」

そんな具合に時間は過ぎていくと思います。

ここで気づいてほしいのは、仕事に集中して取り組める環境が作れているでしょうか??
働き方が研究されている会社であれば、フリーデスクで電話は個人PHS、もしかしたらイヤホンで音楽聞きながら仕事してもいいってところもあるかもしれません。

だが、しかし、そんな会社ばかりではないでしょう!!
そんな人に送る記事になります。

なるべくちょっかいだされない時間帯で仕事をすることを心がける

1日の仕事の流れを思い出してみてください。
私は営業なのですが、9時から電話が鳴り止まず対応しながら色んな仕事に取り組んでいきます。
(営業の方ならわかると思います)
お客様の対応する部署だからこそ主導権を握って仕事するって難しい。
あれこれやってたら、お客様からの無茶振りがとんできたり……。

色々対応していたら軽く定時を迎えそうなんてよくある話。
電話が鳴らない時間帯になって、さてやれなかったことをしよう!と思った矢先、疲労感で頭が動かずうまくできない……。

「あー、これはめんどくさいし明日でいいっか……」

そんな先延ばしが仇になり仕事は減るどころか積もるばかり。

自分にも思い当たる節があるとイメージしていただければ幸いです。

ぶっちゃけ、穏やかな時間って早朝か家に持ち帰るか休日出勤するしかない

お客さんとなる人が活動している時間を考えてみましょう。
9〜18時頃、となるのではないでしょうか??

その間は、対応でイレギュラーな予定が常に入り続ける中にいると諦めてください。
こうして言葉にすると長時間労働することが当たり前の前提で物事を考えるようで嫌ですが。
この事実に目を背けてはいけません。

主導権を握れるとしたら納期を少しでももらえるよう交渉するぐらいでしょう。
なので大事な仕事は、このお客さんが動いていない時間帯に片付けることを考えましょう。
そのほうが効率良いし集中して取り組めます。

いったいどうしたらいいのさ??

そこでオススメしたいのは、朝にやることです!!
消去法で考えると夜はどうしても疲労感がでて頭の動きが鈍ります。
冴えた頭で誰にも邪魔されない朝に最も大切な仕事に取り組むことが重要だと思います。

【まずは、できることから始めてみる】

はじめは、30分早く出社してみましょう。
1時間早いと見ている景色は変わるはずです。
また、できる先輩ほど朝が早いことに気づいたり……。

私は、30分残業するより30分早く来て仕事することを選んでいます。
残業代を稼ぐっていう考えは捨てましょう。
今の時代、いつ職を失うか分かりませんので浮いた時間を自己投資にまわすことが大切だと思いますよ。

また、夜はどうしても同僚との雑談が増えて効率が悪いです。
集中力が落ちてついつい喋ってしまうんですね。
親睦を深めるという意味ではいいかもしれませんが、残業した分だけ疲労は蓄積し明日以降のパフォーマンスを落とすことに繋がります。

その他にもメリットはいっぱいありますよ。
合わせてこちらの記事も読んでみてください。
早起きの効果で残業を減らしストレスを無くし健康になろう

いきなりが難しい方は、ランチの時間を削ってみるのも面白いと思います。
おにぎり1個くらいにしてやめてしまうのです。
お昼どきは誰もが休憩時間になりますのでお客さんの動きが止まります。
そこをめがけてやってしまいましょう!
しかも、食べすぎていないので昼から眠くなりにくい効果があります。

【まとめ】

仕事において誰にも邪魔されない時間を作り、最も大切な仕事に取り組むことが大切だと考えます。
貴方にとって邪魔されない時間はいつですか??

共通して言えるのは、朝を利用することだと思います。

このサイトでは、時間効率を探求しています。
他にオススメの記事があるので是非、見てみてください。
仕事&生活に役立つ時間短縮の記事まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
あと、twitterもやっているので是非登録してください。