2020年日本の女性の半分が50歳以上になる!?【日本の人口減少問題について考える】

2020年日本の女性の半分が50歳以上になる!?【日本の人口減少問題について考える】

スポンサー

【日本の人口減少について考える】

2020年日本の女性の半分が50歳以上になるそうです!!
まじかよ!と吊革広告を見て心の中で叫んだ。
そんなインパクトのある広告につられて買ってしまいました。

「未来の年表」人口現象社会でこれから起きること(河合雅司著、講談社)の著者は、拓殖大学客員教授と大正大学客員教授をされており専門は人口政策、社会保障政策だそうです。

この本は日本で起きる人口減少問題を年表で教えてくれます。
年表で教えてくれるのでリアリティが増しますよね。
実は問題視されている人口減少問題ですがテーマを絞って論じるにとどまり、日本の未来図を時系列に沿って、かつ体系的に解き明かす書物はこれまでなかったようです。

今後、日本にはどういったことが起きるのでしょうか??
本書は、移民の受け入れを行うことを考えず日本人が減り続けた場合のシミュレーションになっていることをご了承ください。

【日本の未来年表】

2017年 「おばあちゃん大国」に変化
2018年 国立大学が倒産の危機へ
2019年 IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
2020年 女性の2人に1人が50歳以上に
2021年 介護離職が大量発生する
2022年 「ひとり暮らし社会」が本格化する
2023年 企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
2024年 3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
2025年 ついに東京都も人口減少へ
2026年 認知症患者が700万人規模に
2027年 輸血用血液が不足する
2030年 百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
2033年 全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
引用:目次より

驚愕の年表が並びますね。
特に下線をひいた箇所が具体的に感じられるのではないでしょうか。

【2020年日本の女性の半分が50歳以上になる!?】

なんと東京オリンピックで賑やかになる年の影で、オバハン大国になるといいます。
信じられないですよね? 日本人女性の半分が50歳以上だなんて……。

合計特殊出生率に含まれる女性というのは、15歳〜49歳を指すそう。
でも、現実的に考えて49歳で子供を産むには母子ともにリスクが高すぎますよね?
統計的な数値は49歳までですが、実際に子供が生む方はもっと若いはずです。
少子高齢化を少しでも食い止めるためには、子供を産むに適した女性達が社会を支えていけるほど出産をしなければなりません。

それでは、どれだけの出生率が必要なのかというと……、2.07でギリギリ支えていけるらしいです。
けれども、医療の進歩で更に平均寿命が伸びていけば追いつかない可能性は充分にあると筆者はいいます。

個人的に深刻であると思うのは、若くて可愛い女性の絶対数が減るということ。
若くて可愛い子のインフレーションが半端ないことを世の男性は理解すべきですね……。

【2024年 3人に1人が65歳以上の超・高齢者大国へ】

2045年問題が有名になって団塊世代すべてが75歳以上になる歳を2025年と思い込んでいる人も多いが、厳密には2024年問題なのであると筆者は言います。
それはあらゆる問題が浮き彫りになり、日本社会に深刻な問題として現れるからであるだそう。

日本全体で勤労世代が減っていくのに、医療・介護人材だけを増やすわけにはいくまい。
いくら診療報酬や介護報酬を上げても、在宅向けサービスの量的拡大にはおのずと限界がある。

著者のいうことはもっともだ。
充てられる人員には限界がある。
ましてや医療・介護のサービスを手厚くしたところで新しい付加価値を生むわけではない。
なぜなら勤労世代の給料から捻出された年金を使って、高齢者は生活しているのだからだ。
勤労世代が稼いだお金が循環しているだけであって、増える要素はない。
大切な仕事ではあるが伸びていく産業ではないが故にいつかは行き詰まってしまうだろう……。

こうした問題の背景に勤労世代を蝕む側面も考えなければならない。

女性の未婚率は、2025年には18.9%になると推計されている。彼女たちは、働かなければ自分の生活を維持できず、介護離職や休職をしようにもできない。
50代女性が介護の中心となるのが困難な時代がくるだろう。
もう1つ見落とせないのが晩婚・晩産の影響である。2015年の第1子出生時の母の平均年齢は30.7歳だ。第2子以降の誕生も考えれば、「50代で子育て中」という人は増える傾向になる。これでは、とても介護にまで手が回らない。

自らの生活でいっぱいなのに親の介護というダブルパンチが勤労世代を襲う。
さらに悲惨なのは、子育て中に介護が襲ってくる可能性も充分にありえるのだ。

「せっかくここまで出生したのに介護離職せざるえない……」
「もう一人、子供がほしいけどやめよう……」

本人とって、日本社会にとって優秀な人材が「親の介護」を理由に辞めてしまう。
それが1人だけに留まらず拍車をかけるように連鎖的に起きてくる可能性があるのだ。

忘れてはならないのがこれは2025年以降ずっとのしかかる問題であることだ。
連鎖的に多くの問題を生み出していくことになる。

【最後は、日本がなくなる!?】

本の終わりには、筆者による最悪の結末が述べられています。
人口が減ってしまうとどうなってしまうのでしょうか……?

【離島に住む日本人が減り、他国の侵入を許してしまう】

最近、周辺諸国の領域侵犯を聞きますよね?
人がいないところはどうしても保安が手薄になってしまいます。
もし、そこへ侵略されてしまったら??
想像にかたくないですね。

【外国人労働者を頼るしかなく受け入れたとして……】

労働人口の減少が間に合わず、急激に外国人を受け入れた場合どうなるのか?
人口の減った地方に移住してきた場合、外国人の比率が高くなる。
もしかしたら参政権を求めてくるかもしれない。
そうなれば大きな歪がもたらされるだろう。
歪だけならいいが事実上、日本を制服だってできてしまうかもしれない。
だって、日本人が少ないのだから……。

【まとめ】

日本がむかえるだろう人口減少問題。
知ると憂鬱な気持ちになってきますよね……。
途方もない大問題なのですが、国民が考えていかなければならない問題だと思います。

まずは、知ること。
そして、備えること。

1人1人が重大に受け止めて行動を始めることが重要だと思います。

欧州は、移民を受け入れる方針を決めました。
各地のテロや治安悪化を招いてしまいましたが、将来を思っての行動でしょう。
対する日本は、外国人には頼らない方法での解決をする方針を決めているようです。
日経新聞:アベノミクス「新3本の矢」を読み解く
どちらが良かったのかは将来分かることでしょう。
しかし、絶対に間違えることができない選択だと思います。

一つだけ言えることは、少子化問題を解決しようと思うのであれば大胆かつ早期にやる必要があると考えます。
当たり前ですが子供が成長し勤労世代に育つには時間がかかるからです。
残された時間はあまりないのかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。
あと、twitterもやっているので是非登録してください。

スポンサー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

スポンサー