【ライフハック】本高い!読む時間ない!そんな貴方に伝えたいビジネス書の概要をタダで知ることができる方法

【ライフハック】本高い!読む時間ない!そんな貴方に伝えたいビジネス書の概要をタダで知ることができる方法

スポンサー

【【ライフハック】本高い!読む時間ない!そんな貴方に伝えたい概要をタダで知ることができる方法】

「本なんて読む時間ないな……。家帰ってたら家事してSNSしてたら寝なきゃいけない時間になってしまう」
「ビジネス書?? そんなところにお金をまわせる余裕がない……」

こんにちは。時間効率の研究家、wallyです。
忙しいビジネスパーソンや家事に追われる主婦。
日々、忙しいですね〜〜〜。

そんな毎日にビジネス書を読む時間を作る、なんてムリムリムリという方も多いのではないでしょうか。
今回は、ビジネス書の内容を概要だけ掴んでしまえるライフハックを伝授しちゃいます。

【気になる著者をYouTubeで調べてみる】

ズバリ、気になる著者をYouTubeで調べてみることをオススメします。
なぜなら、本の著者はセミナーやインタビューを行っており、その動画で公開していることが多いからです。

しかし、本人の許可なく動画がアップロードされていることもあるためグレーな行為になります。

【動画なら読むよりも早く手軽に概要を掴める】

何故、動画がよいか説明します。

まず、手軽さがありますよね。
YouTubeの動画全て無料です。タダです!
なので、貴方が時間に余裕を作ればいいだけです。
時間の余裕を作るだけなら簡単ですよね。
移動中にスマホでみてもいいわけです。
ご飯を食べながらYouTubeを見てもいいわけです。

そして、読書よりも早く分かりやすく情報を得られます。
動画の長さによりますが1時間以内のものが大半だと感じます。
1時間以内であれば、ご飯や家事をしながら見れちゃいますよね。
著者が分かりやすく伝えてくれますので負荷も小さいはずです。
逆に読書になると読み終わるまでに時間がかかり過ぎてしまう。
この時間がかかってしまうということが、本を読まなくなってしまっている現状でもあると感じます。

【実際、YouTubeで調べてみよう!】

〈映像の世紀〉から〈魔法の世紀〉へ――。第二次世界大戦が促したコンピュータの発明から70年あまり。人々が画面の中の現実を共有することで繋がる「映像の世紀」は終わりを告げ、環境に溶け込んだメディアが偏在する「魔法の世紀」が訪れる。
若干28才にして国際的な注目を集める研究者でありメディアアーティストでもある落合陽一が、今現在、この世界で起こりつつある決定的な変化の本質を、テクノロジーとアートの両面から浮かび上がらせる。画面の外側の事物に干渉をはじめたコンピュータがもたらす「来るべき未来」の姿とは……? 引用:PLANETS公式サイトより

今やメディアで見かける機会も多くなってきた落合陽一さんの本です。
落合陽一さんについてYouTubeで調べてみると多くの動画がヒットしました。
『【SoftBank World 2017】特別講演 落合 陽一 氏』タイトルで動画が見つかりました。

本書を読んだわけではありませんが、ダイバーシティと自論であるデジタルネイチャーについて公演でした。
本書の目次をみるとその内容は触れられていました。

【目次より抜粋】
《目次》
第1章 魔法をひもとくコンピュータヒストリー
第2章 心を動かす計算機
第3章 イシュードリブンの時代
第4章 新しい表層/深層
第5章 コンピューテショナル・フィールド
第6章 デジタルネイチャー

内容も素晴らしく高速通信(5G)がもたらす技術革新から人口減少社会を見据えた介護の問題をいかにしてテクノロジーで解決するかを述べられていました。
動画をみて興味があったので本を買ってしまいました。

【まとめ】

ビジネス書を読む時間なんてない! 方も動画でなら気軽に楽しめるのではないでしょうか。
ご飯を食べながらや移動中のスキマ時間で見れるのもポイントだと思います。

人生において1番の投資は、『自分に対する投資』だといいます。
自分に投資したお金と時間は絶対に裏切らないですからね。

将来のことを見据えて少しでも良い明日になるよう動画からビジネス書を読んでみることをオススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)