性病検査キットの検査方法を動画で紹介するよ

性病検査キットの検査方法を動画で紹介するよ

スポンサー

【性病検査キットの検査方法を動画で紹介するよ】

検査キットでどうやって調べるのか不安な方も多いと思います。
GME医学検査研究所では動画を用いて丁寧に説明しています。

とても簡単ですので不安な方は検査方法を確認しましょう。

【血液検査】

指の両側が痛みが感じにくいためこちらに付属の針を刺します。
出血を確認した後に付属の紙に塗ります。

【うがい液検査】

付属のコップに水を入れてうがいをした後に吐き出します。
吐き出した水をチューブで採取します。
必ず起床後すぐに行うようにしてください。

【膣分泌液検査(クラミジア・淋菌)】

付属している綿棒を膣内部4~5cmのところまで挿入し7〜8回回転させます。
挿入部を容器に入れて、入らない部分は綿棒を折りましょう。
キャップを占めて郵送するだけです。

【膣分泌液検査(トリコモナス・ガンジタ)】

付属している容器をあけるとキャップ部に綿棒がついています。
この綿棒を膣3cmのところまで入れて7~8回回します。
ゆっくり取り出してキャップを閉めれば終わりです。

【陰茎表皮擦過物検査】

付属している容器をあけるとキャップ部に綿棒がついています。
この綿棒を陰茎の全面、管状溝をぬぐってください。
キャップを閉めれば終わりです。

【尿検査(男性のみ)】

尿を付属のコップに注ぎ、チューブで吸い上げます。
朝一番の尿の採取をお願いします。

【まとめ】

採血が少し怖いように思いますが、経験上、全く痛みはないですよ。
針がとても細いのか痛みはありませんでした。

咽頭もうがいだけでいいのが楽ですね。
病院や保健所よりも断然、検査キットを使ったほうが楽なのでオススメですよ。

オススメの検査キットを紹介していますので読んでみてください。
エイズ・クラミジアなどの性病検査キットはAmazonでも買えるんです!オススメはGME医学検査研究所

スポンサー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)