【2017年11月版】Netflixで見れるオススメのアニメランキング

【2017年11月版】Netflixで見れるオススメのアニメランキング

スポンサー

【(2017年11月版)Netflixで見れるオススメのアニメを紹介するよ】

Netflixの契約を考えているけど、登録してからじゃないと見れない!!!と思うから多いと思います。
アマゾンプライムやHuluは見れるのになんでやねん!?って気持ちになりますよね。

そんな方に自信をもってオススメできるアニメを紹介したいと思います!

【審査基準】

予めお詫びを申し上げると、面白さとは人によって違います。
ある作品が好きだったけど、友達は苦手で途中で脱落してしまった・・・・・・なんてことはオタクの中でもしょっちゅうあります。

なので、審査基準(好きな作品を傾向)をお伝えしておかなければなりません。

私の好きな作品は、「感動」するものが好きです。
具体的にいうと、ストーリーの中で絶叫や嗚咽をもらすほどに悲しみや怒り、そして喜びを感じる作品が好きです。
あまりのエグさに鬱になりかけます。見るのは、しんどいですが好きです。

逆に、日常系と呼ばれるほのぼのとした作品や主人公がハーレム、エロさを求めた作品は苦手です。

あと、ストーリーが面白い作品が好きです。
実は、脚本家を目指していた時期がありましたので物語構成の知識があります。
大方の物語のラストシーンまでの運びは予想がついてしまいます。
そのため最後の最後まで結末が読めずに、最後に想像もできないような終わりを迎える作品が好みです。

まとめると「感動」と「結末が読めない」なくて面白い作品を紹介します!

【10位 イノセンス】

少佐こと草薙素子が失踪(前作『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』のラスト)してから3年後の西暦2032年。
少女型の愛玩用ガイノイド「ロクス・ソルス社製 Type2052 “ハダリ(HADALY)”が原因不明の暴走を起こし、所有者を惨殺するという事件が相次いで発生した。被害者の遺族とメーカーの間で示談が不審なほど速やかに成立し、また被害者の中に政治家や元公安関係者がいたことから、公安9課で捜査を担当することになり、公安9課のバトーは、相棒のトグサとともに捜査に向かう。

引用:イノセンスwikipediaより

2004年に劇場放映されてからも不朽の名作ですね。
見たことがある方も多いのでは。

久しぶりに見返したのですが、やはり名作だなと感じました。
まず、10年以上も前の作品なのに現在のアニメの作画のクオリティと負けていないところがすごい!

お話しもSF好きにはたまらない雰囲気と犯人の正体。
結末はあっさり片付けられしまいますが、考えれば考えるのほど色んな見方ができます。

【9位 東のエデン】

2010年11月22日・月曜日、日本各地に10発のミサイルが落下した。「迂闊な月曜日」と呼ばれたこの事件は、奇跡的に1人の犠牲者も出なかったこともあり、人々は次第に危機意識を失っていった。それから3ヶ月後、11発目のミサイルが旅客機を直撃した。
その頃、大学卒業旅行でホワイトハウスを訪れていた森美 咲は、滝沢 朗と名乗る同い年の男性にトラブルを救われる。滝沢は記憶を失っており、全裸姿であったが、82億円の電子マネーが入った風変わりな携帯電話(ノブレス携帯)を手にしていた。咲と共に日本に帰国した滝沢は直ちに自分が何者かを探り始める。現状と将来に悩んでいた咲は、滝沢に振り回されながらも次第に心惹かれるようになる。
間もなく滝沢は自分がセレソンゲームに参加させられている12人のうちの1人(セレソン)だと知る。100億円を好きなように使って閉塞感漂う日本を救うことを課せられ、最初にゴールした1人以外は「サポーター」により死がもたらされるという。ノブレス携帯を使えば、国家権力を動かすほどの依頼もできる。ミサイル攻撃もそのゲームによるものであった。

引用:東のエデンWikipediaより

100音円あげるから日本を救ってくれ、という依頼と万能に近い願いを叶えてくれる人工知能のジュイス、そして、12人のデス・ゲーム。
設定だけでもわくわくしちゃう設定に脱帽。

作中に出てくるジュイスが賢すぎてほしくなります(笑)
いつかはsiriちゃんがあそこまでやってくれるほどに進化すると思わせてくれますね。
実現可能なことであれば、お金を使って実行してくれますからすごいもんです。

物語が進んでいくほどに、デス・ゲームの核心にも迫っていきます。
色々考えさせられる作品ですね。

【8位 PSYCHO-PASS】

舞台は、人間のあらゆる心理状態や性格傾向の計測を可能とし、それを数値化する機能を持つ「シビュラシステム」が導入された西暦2112年の日本。人々はこの値を通称「PSYCHO-PASS(サイコパス)」と呼び習わし、有害なストレスから解放された「理想的な人生」を送るため、その数値を指標として生きていた。
その中でも、犯罪に関しての数値は「犯罪係数」として計測され、たとえ罪を犯していない者でも、規定値を超えれば「潜在犯」として裁かれていた・・・・・・

引用:PSYCHO-PASS,Wikipediaより

攻殻機動隊をモチーフにして制作したアニメ。
ストーリーの原型は、海外ドラマのクリミナル・マインドに近いです。

管理社会で発生する犯罪を取り締まる警官の話ですが、犯罪プロモータの槙島聖護がかっこよすぎ。
1話目の完成度が高く面白い作品ですよ。

【7位 ブラックラグーン】

ごく普通の日本人サラリーマン岡島緑郎は、東南アジアで海賊「ラグーン商会」に遭遇して拉致される。「ホテル・モスクワ」こと元ソ連軍の精鋭部隊から構成されるロシアン・マフィアの女ボスバラライカから依頼され、緑郎の勤める旭日重工の密輸に関わるディスクを奪ったラグーン商会は、チンケな報酬のタシにしようと彼を身代金目的で掠ったはいいが、交渉の手筈もない。それは、頭は悪いが銃の腕は超一流で“二丁拳銃”(トゥーハンド)の異名を持つ中国系アメリカ人のレヴィが先走ったためだった。緑郎はマッチョでタフで博識だが変人というラグーン商会の黒人ボスダッチにより、娼婦・ヤク中・傭兵・殺し屋・マフィアが集う背徳の都ロアナプラに案内される。ラグーン商会には、FBIとマフィアに追い回されてレヴィに拾われたインテリ白人ベニーもいた。「ホテル・モスクワ」は旭日重工と“交渉”するが、上司たちは緑郎を簡単に切り捨てると、ディスク奪還に傭兵部隊を送り込む。こうして世界の現実を知った緑郎は、ネクタイを絞めた海賊ロックを名乗る。撃ち合いも争い事も大嫌いだが交渉能力に長けたロックはラグーン商会の一員としてロアナプラの住人となり、育ちも性格も正反対のレヴィとは次第に互いにない部分を補い合う「相棒」に就く。

引用:ブラックラグーン、Wikipediaより

ブラックジョークが飛び交うバイオレンスなアクションアニメです。
物語の中盤に出てくる双子の兄弟の話がありますが、なかなかに鬱です。
バラライカさんとの対話のシーン、そして、エーデルワイスは神アニメ!と叫びたくなる名シーンでしょう。

古い作品ですが面白いですよ。

【7位 タイガーアンドバニー】

NEXT(ネクスト)と呼ばれる特殊能力者がこの世に誕生してから45年。大都市・シュテルンビルトには、スポンサー各社と契約の下、その能力を駆使して街の平和を守るNEXTによって構成されたスーパーヒーロー達が存在する。ヒーロー達の活躍は専用の特別番組「HERO TV」で中継され、その年の「キングオブヒーロー」の座を巡るランキング争いを続けていた。
ワイルドタイガーこと鏑木・T・虎徹もその1人であり、デビューから10年と最盛期を過ぎて人気もないが、地道にヒーローとしての活動を続けていた。ある日、所属会社がヒーロー事業部の売却を行ったため、虎徹はヒーロー事業に新規参入を果たしたアポロンメディアに再雇用される。しかし、ヒーロー界初となるバディ・ヒーローという会社の方針により、自分と全く同じ特殊能力を持ちながらも、まるで正反対の性格を持つスーパールーキー、バーナビー・ブルックスJr.とコンビを組むことになる・・・・・・。

引用:タイガーアンドバニー,Wikipediaより

雇われヒーローという斬新な設定。
当時は、キャラクターにスポンサーが付いていることも話題になりました。
正義の味方が抱える悩みをコミカルに描いています。

スパイダーマンやバッドマンが好きな方にオススメの作品です。

【6位 ソードアート・オンライン】

西暦2022年、ユーザーによるベータテストを経て、世界初のVRMMORPG「ソードアート・オンライン」(SAO)の正式サービスが開始され、約1万人のユーザーは完全なる仮想空間を謳歌していた。しかし、ゲームマスターにしてSAO開発者である天才量子物理学者、茅場晶彦がプレイヤー達の前に現れ、SAOからの自発的ログアウトは不可能であること、SAOの舞台「浮遊城アインクラッド」の最上部第100層のボスを倒してゲームをクリアすることだけがこの世界から脱出する唯一の方法であること、そしてこの世界で死亡した場合は、現実世界のプレイヤー自身が本当に死亡するということを宣言した。プレイヤーの一人である少年キリトはこの絶望的なデスゲームで生き残るべく、戦う決意をしてはじまりの街から旅立ってゆく。 しかし、後にSAO事件と称されることになるこの狂気のデスゲームは、仮想世界をめぐる様々な事件の幕開けにすぎなかった。

引用:ソードアート・オンライン,Wikipediaより

電撃文庫の看板作品のアニメ化ですね!
劇場アニメも放映しており人気作品です。

設定勝ち!と思ってしまう作品でありますが、出てくるヒロインが可愛いですし主人公の俺TUEE!が炸裂します。
1期のラスボスとの戦いは好きです。

【5位 Re:ゼロから始める異世界生活】

コンビニ帰りに突如、異世界に召喚された引きこもり高校生の少年ナツキ・スバルは、早々と命の危機に見舞われる。その窮地を救ってくれた、ネコ型精霊パックをお供につれたハーフエルフの銀髪少女エミリアに恩返しをするため、スバルは彼女の物探しに協力する。
フェルトという名の少女に奪われたという徽章の手がかりが掴めたと思った矢先、2人は暗闇の中で何者か(エルザ)に襲撃され命を落としてしまう。
目を覚ましたスバルは、召喚された時点に戻っていた。それから何度かの死を繰り返すうち、スバルは自分がこの世界である能力を得たことを知る。その能力は、自身の死により時間を巻き戻して記憶を引き継げる、タイムリープ能力「死に戻り」だったのだ。

引用:Re:ゼロから始める異世界生活,Wikipediaより

主人公が死んだらタイムリープしてやり直せる特集能力をもっています。
タイムリープ能力ゆえの葛藤が描かれています。

正直なところ、何度か挫折しそうになる作品。
第一話目は、あーなんか既視感を感じまくります。
そこから面白くなりますが、途中で主人公のネガティブ炸裂するため見ていてキツイです。

それでも耐えてみた先は、心から面白いと思わせてくれます。
アニメに珍しくOPとEDがなかったり変わったりします。
その話のテンポを重視した丁寧な作りをしているところに愛を感じました。

【4位 化物語】

高校3年生の少年・阿良々木暦は、文化祭の準備をしていた5月のある日、ひょんなことから2年間ろくに会話すらしたことがない病弱なクラスメイト・戦場ヶ原ひたぎの秘密を知ってしまう。なんと彼女には、およそ体重と呼べるものがほとんど無かったのである。
暦は秘密を知った日の放課後、ひたぎから秘密をばらさないようにと猟奇的な脅しを受けるが、それにもめげず彼女の秘密に対する協力を申し出る。彼女によると、2年前に1匹の不思議な蟹に出会い、重さを根こそぎ持っていかれたのだと言う。
実は暦もひたぎと同じような奇妙な体験をしており、その時に怪異に詳しい忍野メメという男の力を借りたのだった。暦とひたぎはメメに相談するため、彼の住む学習塾跡の廃墟ビルに向かう。メメによるとひたぎの体重を奪った蟹もやはり怪異であるという。ひたぎはメメの力を借り、自分の体重を奪った怪異と再会するのだが、それには彼女自身が封じたある過去の秘密が関係していたのだった。

引用:化物語,Wikipediaより

西尾維新、といえばこの作品。
実は戯言シリーズからの読者ですが、化物語は面白いですね。
出てくるヒロイン達が魅力的すぎ。
あと、西尾維新の得意な流暢な会話で紡がれるストーリーが秀逸。

個人的には、終盤の星空を見に行くところとつばさキャットが好きです。

【3位 シュタインズゲート】

秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーを務める大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバー(ラボメン)の橋田至や幼馴染でもある椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。
2010年7月28日、岡部はまゆりと共に向かった講義会場で天才少女の牧瀬紅莉栖と出会うが、ラジ館の8階奥では血溜まりに倒れている紅莉栖を目撃し、そのことを橋田へ携帯メールで報告する。その直後、めまいに襲われた岡部が我に返ると、ラジ館屋上には人工衛星らしきものが墜落しており、周辺は警察によって封鎖されていた。先ほど送信したはずのメールはなぜか1週間前の日付で受信されており、周囲が話すここ最近の出来事と岡部の記憶の間には、齟齬が起こっていた。

引用:シュタインズゲート,Wikipediaより

タイムリープ系の作品でよくぞここまで作り上げた!と称賛を送りたくなる作品。
最初から伏線がはられていますよ。

出てくるキャラクターも魅力的だし設定も言うことなし。
SF好きには堪らない作品でしょう。
ちゃんと鬱展開もありますよ(笑)

最後は、誰もがハッピーエンドを望んだその時! あの展開はヤバイ!です。オススメです。

【2位 コードギアス 反逆のルールシュ】

※劇場版のPVになります。

皇暦2010年8月10日 、世界唯一の超大国神聖ブリタニア帝国は日本と地下資源サクラダイトを巡って対立し宣戦布告、日本に侵攻した。日本は占領され、ブリタニアによって「エリア11」と呼称される。日本人は「イレヴン」と蔑まれ、自由を奪われブリタニアの総督により支配された。ブリタニアは「ナイトメアフレーム」と呼ばれる人型兵器により世界の3分の1を支配下に収めた。しかし、その圧倒的な支配にも亀裂が生まれようとしていた。
日本侵攻から7年後、ブリタニアに恨みを持つブリタニア人少年、主人公ルルーシュ・ランペルージは謎の少女C.C.(シーツー)から、他人に自分の命令を強制出来る、絶対遵守の力「ギアス」を与えられることになる。ルルーシュは仮面で素顔を隠して「ゼロ」と名乗り、自称正義の味方「黒の騎士団」を結成し日本の独立のため、ブリタニア帝国に対して戦いを挑む。黒の騎士団は、ルルーシュの知略とギアスの力、日本の反帝国ゲリラやその支援者たちの協力を得て、次第にその勢力を拡大させていく。

引用:コードギアス反逆のルールシュ,Wikipediaより

コードギアスってオタクの共通言語に近いのではないでしょうか(笑)
おそらく誰もが知っていると思います。
そして、面白いと言います。今のところ嫌いといった人に出会ったことがない。

なんといっても面白いんですよ。
30分のアニメが10分に感じるほどですし続きが気になってしょうがない!
今までになかったロボットX知能戦が斬新でしたね。
主人公が絶望的な状況からジャイアントキリングしていきます。
そのジャイアントキリングぶりがハンパないです(笑)

いっきに見たほうが面白いので、時間のあるときに見ましょう!

【1位 フェイトステイナイト Unlimited Blade Works】

日本のとある地方都市「冬木市」に数十年に一度現れるとされる、持ち主のあらゆる願いを叶える「聖杯」。7人の魔術師(マスター)は7騎の使い魔(サーヴァント)と契約し、聖杯を巡る抗争「聖杯戦争」に臨む。聖杯を手にできるのはただ一組、ゆえに彼らは最後の一組となるまで互いに殺し合う。

引用:フェイトステイナイト,Wikipediaより

始めに謝っておくべきなのですが、奈須きのこの大ファンなので1位にさせて頂きました。
アニメ好きになってしまった原点とも言える作品なので、これを外すことはできません。

内容は、英雄達によるデス・ゲームです。
ですが、語られるテーマは「正義の味方」についてです。
見終えたあとも色々考えさせられる作品だと思います。

また、作画も素晴らしくアクションシーンもすごいです。
現在のアニメでトップクラスの映像美だと思います。

【まとめ】

個人的アニメランニング、いかがでしたでしょうか?
Netflixを契約したいけど何のアニメがあるか分からない。
何がオススメか知りたい、という人に参考になったらいいなと思い作りました。

今までアニメ見てこなかったけど、面白いじゃん!っていうファンが1人でも増えてくれたらいいなと思います。

当サイトではアマゾンプライムとNetflixとHuluの比較記事を取り扱っております。
よかったら覗いてみてください。
【2017年決定版】アマゾンプライムVSネットフリックスVSフールー。最強はどれだ?

【使ってみた】アマゾンビデオ・Netflix・Huluを1ヶ月以上使ってみた感想

Netflixサイトへ

最後まで読んでいただきありがとうございました。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサー

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)